製品情報

ネットワークカメラ用ソフト

導入事例

H.264 クラウド録画サービス・連携システム

さば録(SabaRoku)

人手不足の解消、新たな目となるサービスとして

IoTの一環として様々な分野に

各業種で人手不足がキーワードになっており、人の代わりとなる新たな目として、便利に運用ができるさば録をご提案します。
従来セキュリティ要素で設置されていたネットワークカメラは、近年様々なニーズが増加傾向にあり、多様性を考慮したシステム導入が始まっています。

納入実績例:
サテライトオフィス・・・(勤怠管理、働き方改革)
建築現場・・・(施工管理、危険予知)
クリニック・・・(クレーム対策、状況確認)
介護関係・・・(動的証拠の確保、勤怠管理)

さば録システムイメージ
  • ・いつでもどこでも簡単にサービスログインが可能です。ご希望に沿ってシングルサインオンのカスタマイズも。
  • ・ライブ再生映像は直接カメラにアクセス、録画再生映像はさば録サーバにアクセスを行います。
  • ・ライブ映像や過去の映像をPC、スマートフォン、タブレットを使用して、お手軽に運用することが可能です。
  • ・グループアカウント機能により、運用者の管理区分に合わせたカメラの閲覧権限を設定できます

さば録の特徴

既に設置済みのIPカメラやアナログカメラも取り込めます

弊社が対応しているIPカメラやエンコーダを使用すれば既存資産のカメラがさば録に取り込み可能です。※別途納入済み機種情報提供を依頼させて頂きます。

クラウドサービスなのでお客様側で録画機器の管理・維持が不要

万が一、カメラ設置箇所で火災が発生したり、強盗に入られたりといったトラブルが起きて、お客さまのカメラが損傷するようなことがあっても、録画されたデータは当社のサーバ内に残るため安心です。録画映像が残っていれば、事故やトラブルの検証にも役立ちます。

ライブ映像の遅延が少なく、リアルタイムで状況確認が可能です

ライブ映像表示にMJPEGを採用しているため、ライブ映像の遅延が少なく、リアルタイムで状況確認が可能です。
また、PTZカメラに対応しており、見たい方向やズーム等をストレスなく、制御が可能です。

料金体系

ご使用料はわかりやすい月額制です。
その他にサービス開始時のみ初期費用がかかります。

たとえばお客さまのカメラを3台登録し、各カメラの録画ビットレートが256Kbpsで、映像を撮影してからつねに14日間分保存しておきたい場合には、以下のようなご使用料となります。

初期費用: 30,000円+3,000×3台=39,000円
月額: 1,600円×3台=4,800円

初期費用

新規アカウント
申込費用
(最大18台まで)
30,000円
カメラ登録費用
(1台につき)
3,000円
グループアカウント
追加費用
(1グループにつき)
10,000円

月額(映像の保存日数により変わります)

月額費用 256Kbps
(例)標準画質で5fps
月額費用 512Kbps
(例)高画質で5fps
月額費用 768Kbps
(例)フルHDで5fps
月額費用 1024Kbps
(例)フルHDで10fps
7日保存コース 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円
14日保存コース 1,600円 3,200円 4,800円 6,400円
31日保存コース 2,400円 4,800円 7,200円 9,600円
  • ・料金には別途消費税がかかります。
  • ・ネットワークカメラ本体の購入や、インターネット接続料などの費用はここには含まれていません。
  • ・録画サービスは、ご入金の確認後から始まります。
  • ・お支払い後の途中解約の場合には、費用はお返しいたしかねます。
  • ・予告なくサービス内容を変更する場合があります。


製品カタログのダウンロード sabaroku.pdf

利用可能なカメラについて

以下のメーカー製カメラをご利用いただけます。

  • ・Panasonic製(i-Proシリーズ、i-Pro-EXSTREAMシリーズ、BB-Sシリーズ)
  • ・AXIS製
  • ・CANON製


※その他のメーカー製カメラの対応をご希望でカメラ台数が多い場合は別途ご相談ください。
※H.264の配信が出来るカメラが前提条件となります

利用規約

さば録の最新の利用規約は以下よりご確認いただけます。
この内容に同意いただいた上でお申込みください。


さば録利用規約 sabaroku_kiyaku.pdf